夫(旦那)が浮気しているかもしれない


この記事をご覧になっている方の中には、夫(旦那)が浮気しているかもしれないと不安になり、怒りや、悲しみなど、様々な感情がこみ上げて来るのを押さえられないという方もいらっしゃると思います。
もしかしたら勘違いということもあるかもしれません。夫が浮気しているかもしれないと思ったら、まずは下記のチェックリストで当てはまる点を確認してみてください。

夫(旦那)の浮気 チェックリスト
① 仕事の帰りが遅くなってきた
② 以前よりも、飲み会だから帰りが遅くなるという回数が増えた
③ 残業が増えた
④ 泊まりの出張が増えた
⑤ 休日出勤が増えた
⑥ 服装や髪型を気にするようになった
⑦ 下着を自分で買ってくるようになった
⑧ 携帯電話を常に持っている
⑨ 携帯を見る回数が増えている
⑩ よくメールを打っている
⑪ メールや電話の履歴を消している
⑫ 自宅で携帯を使うときに画面を隠すようになった
⑬ 会話が減った
⑭ 女性の香水のにおいがする
⑮ 帰宅後すぐにお風呂に入るようになった
⑯ 性行為の回数が減った(しなくなった)
⑰ 家族での外出をしなくなった

このチェックリストは、当事務所に相談に来られた方で、実際に夫(旦那)が浮気をしていた方が、気になったという夫(旦那)の言動を羅列したものです。当てはまる項目が多ければ多いほど、浮気をしている可能性がありますが、数点でも当てはまったら注意が必要です。
だからといって、いきなり、「あなた浮気しているでしょう」と問い詰めるのは禁物です。浮気を裏付ける証拠がない状況で問い詰めても「俺が浮気している証拠があるのか!」と開き直られてしまえばおしまいです。夫(旦那)は「妻にばれたかも知れない。」と警戒し、証拠を隠したり、捨てたり、削除したりするでしょう。その結果、あなたが夫(旦那)の浮気の証拠を手に入れることは難しくなってしまいます。

まずあなたがすべき行動は落ち着いて、浮気の証拠を集めることです。証拠を掴めば、この先離婚するのか、または離婚せずに相手との交際をやめさせて慰謝料請求するに留めるのかなど、今後の方針について、あなたが主導権を握ることができます。

どんな証拠が必要か
自分で証拠を集める場合、一番手軽に手に入れられるのが、携帯やパソコンに残されたメールです。浮気の証拠となるようなメールを発見したら、送信、受信した日、時間がわかるように写真を撮っておくことです。
浮気の証拠となるメールとは、性交渉をうかがわせるものである必要があります。ただし、直接的な表現がなくても、深夜に発信された「さっきは楽しかったね。無事に家に着いた?」というようなメールや、「○○のことを想って夜も眠れないよ」というようなメールでも、複数あれば間接証拠として役に立つ可能性があります。

メールが見られる場合は、できるだけ多く写真を撮っておいてください。そうして証拠として使えそうかどうかを弁護士にご相談ください。

携帯にロックがかかっている場合は、夫(旦那)との会話を音声で録音しておくことが有効です。
ただし、気をつけなければいけないのは、「録音しているのだから、言わせなくては」と気負ってしまい、あなたから、全て話してしまい、夫(旦那)が「うん」、「いいえ」、「違う」というような答えしか言っていない場合は、証拠として使えない場合があります。録音する場合は、夫(旦那)に自ら事実を語らせることが重要です。


ほかにも、調査会社に依頼して、ラブホテルに入っていく写真、出て行く写真を撮るという方法もあります。調査会社に依頼する費用はかかりますが、このような写真が撮れれば、浮気を立証するための重要な証拠となります。


離婚や慰謝料を請求するには
離婚や慰謝料請求を有利に進めるためには、相手が言い逃れできない証拠が必要です。
あなたが証拠だと思っても、裁判では証拠とならない場合もありますし、調査会社が作った報告書でも、浮気の証拠とならないケースもあります。交渉で話がまとまらず、裁判になってしまった際に、その証拠が使えず、あなたの希望通りの結果にならない場合があります。

弁護士は裁判になった場合を想定して、あなたの相談にのることが可能です。
「夫(旦那)が浮気しているかもしれない。」という疑いがある場合には、一度弁護士にご相談下さい。

浮気について確証がない段階で弁護士に相談するのは勇気がいることかもしれません。しかし、慰謝料請求の経験豊富な弁護士に相談しておくことで、気持ちが落ち着き、今後のことを冷静に考えた行動が取れるでしょう。

以下のようなことでお悩みの方は、一度弁護士にご相談下さい。

・夫(旦那)が浮気しているかもしれない
・こんなメールがあるけど、証拠になるか
・どうすれば、夫かから話を引き出せそうか
・自分の場合は、どうやって証拠を集めればよいか
・浮気相手に慰謝料請求をしたいが、どう進めればよいか

解決事例◆

慰謝料請求に関する事例をご紹介します。
(クリックすると内容が表示されます。)


LinkIcon・夫の不倫相手に慰謝料請求をし、請求通りの慰謝料を獲得した事例。



夫(旦那)が浮気をしているかもしれない】はLinkIconこちらから
内縁破棄の慰謝料請求】はLinkIconこちらから
不倫相手への慰謝料請求】はLinkIconこちらから
弁護士照会をつかった慰謝料請求】はLinkIconこちらから
離婚はせずに慰謝料請求】はLinkIconこちらから
婚約破棄の慰謝料請求】はLinkIconこちらから


弁護士費用について


着手金
交渉 21万6000円(税込み)
訴訟 32万4000円(税込み)
(交渉から訴訟に移行した場合には+10万8000円)

報酬
交渉 獲得額の10%(消費税別途)
訴訟 獲得額の15%(消費税別途)

通知書作成の手数料(※1)
 依頼者名で慰謝料請求の通知書を作成する場合 3万2400円(消費税込み)
 弁護士名で慰謝料請求の通知書を発送する場合 5万4000円(消費税込み)+実費

 ※1 通知書の作成のみを依頼される場合にかかる費用です。示談交渉や訴訟の代理人活動をご依頼いただいた場合には、着手金のみをいただき、弁護士名での通知書発送の手数料5万2500円を別途いただくことはありません。また、当初通知書の作成のみのご依頼を受け、その後示談交渉以降の手続についてもご依頼いただいた場合には、最初にいただいていた手数料は着手金に充当いたします。




tel.png

弁護士 小田原 三川法律事務所 交通事故 後遺障害 法律相談 小田原の弁護士

事務所案内

弁護士 小田原 三川法律事務所 交通事故 後遺障害 法律相談 小田原の弁護士

〒250-0012
神奈川県小田原市本町2-2-16
陽輪台小田原2階209
小田原駅より徒歩7分
TEL:0465-21-6088
アクセスはこちら

大きな地図で見る

対応エリア

弁護士 小田原 三川法律事務所 交通事故 後遺障害 法律相談 小田原の弁護士

西湘エリア(小田原市、秦野市、平塚市)を中心に神奈川県全域及び熱海市、沼津市、三島市など静岡県東部に対応。

予約.png
表.png
事務所.png
klink.png