モラルハラスメント【モラハラ夫と離婚するには】



モラハラ夫と離婚するには、相当のエネルギーと時間が必要になります。モラハラ夫は、自分に都合の悪い話を避け、相手を混乱させ、疲弊させ、自分が優位に立とうとします。相手はあの手この手であなたを言いくるめてくるでしょう。言われているうちに、「私が悪いのだ」「私が間違っているのだ」と思うようになってしまいます。

このような状態から抜け出すために、まずは夫と別居することをお勧めします。別居した後、夫から「反省したから戻ってきて欲しい」と言われることがあるかもしれませんが、しばらく経てばまた以前と同じモラハラ夫に戻ります。決して流されずに、別居の意思を貫くことが必要です。

別居した後、多くの場合は離婚の調停を行うことになります。モラハラ夫は、周囲に自分の良さをアピールすることに優れていますから、調停委員に好印象を与える場合もあります。調停の席では、やり直したいと言ってくることが大半のようです。また、調停では、調停委員による二次被害が生じることも考えられます。調停委員がモラハラを理解していない場合には、夫の味方となり、あなたを説得にかかる可能性があります。

ですので、モラハラ夫との離婚は、あなた自身が相手と直接接触をしないですむよう、夫と無関係の信頼できる弁護士に依頼して進めるべきです。弁護士は交渉のプロですし、相手に支配されない交渉術を心得ています。またモラハラ夫は基本的には小心者ですから、弁護士のような権威にも弱いようです。したがって、モラハラ夫との離婚を考える場合には、モラハラのことをよく知っている、信頼できる弁護士に相談することをお勧めします。


LinkIconモラハラチェックリスト

LinkIconモラハラをやめさせるためには

LinkIconモラハラ夫の特徴

tel.png

弁護士 小田原 三川法律事務所 交通事故 後遺障害 法律相談 小田原の弁護士

事務所案内

弁護士 小田原 三川法律事務所 交通事故 後遺障害 法律相談 小田原の弁護士

〒250-0012
神奈川県小田原市本町2-2-16
陽輪台小田原2階209
小田原駅より徒歩7分
TEL:0465-21-6088
アクセスはこちら

大きな地図で見る

対応エリア

弁護士 小田原 三川法律事務所 交通事故 後遺障害 法律相談 小田原の弁護士

西湘エリア(小田原市、秦野市、平塚市)を中心に神奈川県全域及び熱海市、沼津市、三島市など静岡県東部に対応。

予約.png
表.png
事務所.png
klink.png