モラルハラスメント【モラハラをやめさせるためには】


【モラハラをやめさせるためには】

モラハラ加害者は、普通の人であれば罪悪感を覚えるような言動を平気で出来る人です。また、モラハラをすることで、自分を正当化し、自身の精神の平穏を守っているところがあります。そのため、被害者が、「もうやめてほしい」といくら懇願しても、加害者にモラハラを辞めさせるのは難しいでしょう。

また、被害者自身が、モラハラ加害者に話合いを求めても、加害者がこれに応ずることはまずありません。加害者には、自分が悪いことをしているという自覚がそもそもありませんから、モラハラをやめないといけない理由がわからないのです。また、これまでの被害者との関係から、加害者は「被害者が強く言ってきても、少し優しくしてやれば、いつものように自分の言いなりになるだろう」と考えています。

加害者にモラハラをやめさせるには、「自分のしてきたことは、相手を傷つけることであった」ということを加害者自身が理解しなければいけません。しかし、これまでの習慣、考え方を変えることはなかなか難しく、モラハラ加害者が自分の非を認めることは滅多にありません。夫のモラハラから逃れるためには、離婚という選択肢を視野に入れて、対策を考える必要があります。

モラルハラスメントの被害者は「私が間違っている」、「私が悪い」と自分を責めてしまい、自分が被害者であることに気がついていない方が多いです。しかし、まずは自分が被害者だということに気付くことが重要です。モラハラ被害者であることに気づき、然るべき対策をとらなければ、モラハラはどんどんエスカレートしていきます。当事務所のホームページを見て、「私も、モラハラ被害者かも知れない。」と感じた方は、一人で悩まず、まずは当事務所までご相談下さい。


LinkIconモラハラチェックリスト

LinkIconモラハラ夫の特徴

LinkIconモラハラ夫と離婚するには


tel.png

弁護士 小田原 三川法律事務所 交通事故 後遺障害 法律相談 小田原の弁護士

事務所案内

弁護士 小田原 三川法律事務所 交通事故 後遺障害 法律相談 小田原の弁護士

〒250-0012
神奈川県小田原市本町2-2-16
陽輪台小田原2階209
小田原駅より徒歩7分
TEL:0465-21-6088
アクセスはこちら

大きな地図で見る

対応エリア

弁護士 小田原 三川法律事務所 交通事故 後遺障害 法律相談 小田原の弁護士

西湘エリア(小田原市、秦野市、平塚市)を中心に神奈川県全域及び熱海市、沼津市、三島市など静岡県東部に対応。

予約.png
表.png
事務所.png
klink.png