103.png

離婚・財産分与・慰謝料請求の解決事例



【事例】LinkIcon行方不明の配偶者に対し、離婚訴訟を提起して、離婚をすることが出来た事例

【事例】LinkIcon別居期間は長くなかったが、離婚の調停を申し立てたところ、配偶者が離婚に応じ、離婚することが出来た事例

【事例】LinkIcon調停の申立により、スムーズに婚姻費用の金額を定めることが出来た事例

【事例】LinkIcon調停では離婚できなかったが、別居期間を経た後に訴訟を提起し、離婚できた事例

【事例】LinkIcon夫の不倫相手に慰謝料請求をし、請求どおりの慰謝料を獲得した事例

【事例】LinkIcon離婚後に元配偶者から親権者変更の審判を申し立てられたが、変更せずに済んだ事例

【事例】LinkIcon初期段階から弁護士を依頼したことで、話し合いが円滑に進み、協議離婚できた事例

【事例】LinkIcon相手方から離婚を一方的に切り出されたが、その後相手方が主張を撤回するなどした事例

【事例】LinkIcon相手方が離婚を承諾しない場合に、別居期間を稼いで、離婚が認められた事例

【事例】LinkIcon無断で離婚届が出され、相手方が再婚していた事例

【事例】LinkIcon親権を獲得した事例/相手方が親権者となったが、通常の面会交流よりも条件の良い面会交流が認められた事例

【事例】LinkIcon不貞をしたとして、離婚と慰謝料の請求を受け、生活費も貰えずに困っていたが、婚姻費用、財産分与の請求をして、それぞれ認められた事例



ページ更新: 2017-08-17

5つ.png

考え.png

請求.png

kaiketu.png

koe.png

tel.png

三川法律事務所の特徴

1.弁護士暦10年以上の女性弁護士が在籍
2.個室での法律相談
3.興信所のご紹介
4.不動産仲介会社のご紹介
5.複数の弁護士による相談・サポート対応

1.弁護士歴10年以上の女性弁護士が在籍
離婚問題の解決実績豊富な女性弁護士による、親身な相談をご提供できます。
離婚問題をスムーズに解決するには、やはり様々な事例を経験してきた過去の実績が必要です。当事務所の弁護士は10年以上弁護士をやってきており、過去に様々なケースを扱ってきています。そのノウハウを活かし、あなたに合った提案ができます。お客様からも「話をしてすっきりした」「話しやすかった」「今後の進むべき道がわかった」などのお声を頂いております。

2.個室での法律相談
法律事務所の中には、パーテーションで区切って相談スペースとしている事務所もあります。この場合、他の相談者の方と会ってしまうこともあります。人口の多い地域では、顔見知りの人に会う確立も低いでしょうから、よいかもしれませんが、小田原では、偶然知り合いに会ってしまうこともあるでしょう。そのため、当事務所は事務所内の相談室を1つにし、他の相談者の方と会うことがないように配慮しております。お気軽にご相談ください。

3.興信所のご紹介
配偶者の不倫・浮気調査に興信所が必要な場合は、信頼できる興信所をご紹介します。また、興信所を使わなくても、携帯メールや、日々の会話をボイスレコーダーで録音することで、不倫・浮気の証拠として使える場合もあります。配偶者の不倫・浮気に対する慰謝料請求や、離婚をお考えの方はまずは弁護士にご相談ください。 

4.不動産仲介会社のご紹介
離婚の際に、不動産をどうするかという問題が出てくることが多いです。自宅の不動産の処分や住宅ローンの処理などが必要な場合、信頼できる不動産会社を紹介することができます。

5.複数の弁護士による相談・サポート対応
人数の多い事務所でも実際には、一人の弁護士だけで対応していることが多いですが、当事務所は基本的に2人の弁護士で初回相談から対応させていただきます。事件を依頼いただいた際も、2名体制でサポートさせていただきます。1名では他の事件で連絡が取りにくいこともありますが、2名体制ですと、連絡もつきやすく、視点も広がりますので、サポートができると考えております。

あなたの離婚・財産分与・慰謝料請求を弁護士が解決します。
お気軽にご相談ください。

浮気されてしまった...
今後の生活に不安が...
子供と一緒にずっといたい...
離婚を相手にまだ切り出せていない...
突然離婚したいと言われてしまった...
突然裁判所から呼び出しが...
離婚して人生をやり直したい...

弁護士 小田原 三川法律事務所 交通事故 後遺障害 法律相談 小田原の弁護士

上記のことで少しでもお悩みになっていたら、当事務所へご相談ください。
経験豊富な弁護士が相談者の方のご相談に親身になって耳を傾け、
心の負担を少しでも軽減できるよう最善の努力をさせて頂きます。

ご挨拶

この度は、当事務所のホームページをご覧いただきありがとうございます。

このページをご覧になっている方の中には、今現在離婚問題に直面されている方もいらっしゃるでしょう。
家庭内の問題というものは、なかなか人に相談しにくく、自分一人で抱えてしまいがちな問題です。また、家族という生活の大部分を占めるものに関する問題ですから、その他の日常生活にまで支障をきたすこともあります。

しかし、一人で悩んでいても状況は変わりません。

当事務所では、多数の離婚に関するご相談を承っていますが、短時間のご相談に来られただけでも、来所されたときよりすっきりとした表情になったとお見受けする方もおられます。また、相談に来られて、法律的な観点からのアドバイスを受けて、より良い方向で新しい人生を踏み出すかたもいらっしゃいます。

今悩みや心配事を抱えている方は、一度ご相談下さい。

私たちは、親身になってお話を聞き、出来る限りのアドバイスをいたします。そうして、ご相談に来られた方が、少しでも明るい気持ちで日常生活を送り、問題に向き合えるようになっていただければ幸いです。

男性のための離婚相談2.PNG女性のための離婚相談2.PNG経営者の離婚相談2.PNG

tel.png


離婚を地元の弁護士に依頼すべき理由

あなたは、今、離婚について弁護士に相談しようと考え、インターネットで弁護士を探しておられるのだと思い
ます。
YahooやGoogleといった検索エンジンを利用して,「離婚 弁護士」などと検索すると,東京や大阪などの
大都市の法律事務所のホームページがたくさん出てきます。
検索で上位を占める事務所は,所属する弁護士数も多く,……(続きはこちらからどうぞ


お子様連れの方へ

乳幼児を抱えていて、外出しにくいという方もいらっしゃると思います。「子どもが騒ぐと迷惑ではないか。」、「かといって、預け先も見つからない。」という理由で、法律相談に行きたくても出かけられないという方にも、当事務所は安心してご利用いただけます。(続きはこちらからどうぞ。)

難解な案件や高額収入、複雑な財産分与にも対応

当事務所には経営者や医師、大学教授の方など高額収入者も多くご相談にいらっしゃいます。収入が高額な場合や、財産が多く複雑な場合などは一般的な離婚のルールが適用されない場合もあります。

当事務所では、こういった難解な事件の経験も豊富です。

養育費や財産分与、面接交渉など、離婚の条件について様々なバリエーションを提示することが可能です。セカンド・オピニオンとしてアドバイスを求められることもございます。お気軽にお問い合わせください。

「湘南エリア(小田原、秦野、平塚)の女性弁護士による
 離婚・財産分与・慰謝料請求の相談」について

本サイトは、西湘エリア(小田原、秦野、平塚)に在住の皆様に、
離婚・男女関係の知識をご提供することを目的に、
三川法律事務所(神奈川県 小田原市)が運営しております。

近時、インターネット上では、離婚・男女関係については誤った情報も多数氾濫しており、
そのために混乱される方も多くおられるようです。

本サイトを通じて、西湘エリア(小田原、秦野、平塚)在住の皆様に、
離婚・男女関係に関する情報をご提供し、一人でも多くの方にお役立て頂ければ幸いです。

対応エリアは西湘エリア(小田原、秦野、平塚)を中心に近隣都道府県も対応可能です。

お気軽にお問合せください。

三川法律事務所のネットワーク

当事務所は西湘エリア(小田原、秦野、平塚)の方々の離婚に関する様々な問題を解決するために、外部の専門家の方と協力関係を構築し、ご相談者からの様々な悩みに対応できるような体制をとっています。

en.png


tel.png

離婚相談のお問い合わせ時によくいただくご質問

Q:夫と上手くいかず、ほかの男性とお付き合いを始めました。夫と離婚して、その男性と結婚したいと思っています。しかし、夫が離婚に応じてくれません。裁判をすれば、夫と離婚できますか。

LinkIcon回答を読む

Q(1):離婚した後に、自宅にそのまま住み続けたいと思っています。自宅は、夫名義で夫がローンを支払っています。どのように処理すればいいでしょうか。
Q(2):離婚に際して、夫名義の自宅に私と子どもが住み続け、夫が家を出て、住宅ローンを払っていくことを約束しました。しかし、その後、夫がこれ以上ローンを払えないと言ってきました。どうしたら良いでしょうか。

LinkIcon回答を読む

Q:離婚するときに、家具などの家財道具について、誰が何を引き取るのか決まらなくて困っています。

LinkIcon回答を読む

Q:数年前に配偶者が事故で重度の障害を負い、それからずっと夫の介護をしてきましたが疲れてしまいました。離婚をすることはできますか。

LinkIcon回答を読む

Q:夫は会社に勤めています。将来、夫が受け取る退職金を財産分与の対象にすることは出来るでしょうか。

LinkIcon回答を読む

Q:夫の浮気が発覚したのですが、私は離婚をしたくありません。しかし、夫から、妻である私の家事が至らないことが原因で婚姻関係が破綻したのであるから、自分に責任はないと言われました。夫から離婚の請求を受けた場合、離婚しなければならないのでしょうか。

LinkIcon回答を読む

Q:夫が長年不倫をしており、この度、離婚をすることを決意しました。夫とその不倫相手に慰謝料を求めることはできますか。

LinkIcon回答を読む

Q:子どもと一緒に自宅を出て、夫と別居していましたが、夫が子どもを連れて行ってしまいました。子どもを返してもらうことはできますか。

LinkIcon回答を読む

Q:配偶者が、自分の借金の返済のために生活費を使い込んでしまいました。離婚の際に、使い込まれた生活費を返して貰うことはできますか。

LinkIcon回答を読む

Q:当事者本人が相談に行く必要がありますか?

LinkIcon回答を読む

Q:弁護士に相談するタイミングはいつがよいのでしょうか?

LinkIcon回答を読む

Q:離婚をしたいと考えていますが、相手が離婚に応じてくれません。相手の同意がなければ離婚はできないのですか。

LinkIcon回答を読む

Q:夫との離婚を考えていますが、離婚後、1人で生活をしていけるか不安です。離婚の際に、夫から金銭をもらうことはできますか。

LinkIcon回答を読む

Q:離婚について、当事者間で条件についての話合いが出来ました。夫から財産分与と養育費の支払いを受けることになっていますが、将来確実にもらえるようにするために、しておくべきことはありますか。

LinkIcon回答を読む

Q:夫と離婚したいと考え、家を出ましたが、夫が生活費を支払ってくれません。支払うよう請求することは出来ますか。

LinkIcon回答を読む

Q:別居中の夫から毎月生活費をもらっていますが、今の金額が妥当なのかどうかわかりません。

LinkIcon回答を読む

Q:夫が不倫していることが分かり、離婚の話し合いをしています。夫の不倫相手から慰謝料をもらうことはできますか。

LinkIcon回答を読む

Q:子どもの親権者を母親である私に指定することで合意ができました。今後一切、子どもを父親に会わせないようにすることはできますか。

LinkIcon回答を読む

Q:夫と結婚していた期間が長いので、離婚をしてからも、旧姓ではなく現在の姓(夫の姓)を使い続けたいと考えています。現在の姓(夫の姓)を使い続けることはできますか。

LinkIcon回答を読む

Q:子どもが生まれてから、主に専業主婦である私が子どもの面倒を見ていましたが、離婚の話し合いをする中で、夫が子どもの親権を取りたいと主張しています。私が専業主婦であるため、稼ぎがないと、親権者は夫にされてしまうのでしょうか。

LinkIcon回答を読む

Q:夫が長年不倫をしており、この度、離婚をすることを決意しました。夫とその不倫相手に慰謝料を求めることはできますか。

LinkIcon回答を読む



tel.png

弁護士 小田原 三川法律事務所 交通事故 後遺障害 法律相談 小田原の弁護士

事務所案内

弁護士 小田原 三川法律事務所 交通事故 後遺障害 法律相談 小田原の弁護士

〒250-0012
神奈川県小田原市本町2-2-16
陽輪台小田原2階209
小田原駅より徒歩7分
TEL:0465-21-6088
アクセスはこちら

大きな地図で見る

対応エリア

弁護士 小田原 三川法律事務所 交通事故 後遺障害 法律相談 小田原の弁護士

西湘エリア(小田原市、秦野市、平塚市)を中心に神奈川県全域及び熱海市、沼津市、三島市など静岡県東部に対応。

予約.png
表.png
事務所.png
klink.png